森の呼吸 505

sakuhin505

森の呼吸505

森の呼吸505 部屋の写真
≪森の呼吸≫
[table]
森の呼吸,sakuhin505
制作,2003/11
アトリエの作品番号,3235
本体サイズ,520*260mm
サイン,あり 額付き
[/table]

森の呼吸 504

sakuhin504
森の呼吸504

 

森の呼吸504 部屋の写真
 
≪森の呼吸≫

森の呼吸,sakuhin504
制作,2003/11
アトリエの作品番号,3235
本体サイズ,350*280mm
サイン,あり 額付き

 

森の呼吸 503

sakuhin503
森の呼吸503

森の呼吸503 部屋の写真
≪森の呼吸≫
[table]
森の呼吸,sakuhin503
制作,2003/11
アトリエの作品番号,3067
本体サイズ,610*260mm
サイン,あり 額付き
[/table]

森の呼吸 502

sakuhin502
森の呼吸502

森の呼吸502 部屋の写真
≪森の呼吸≫
[table]
森の呼吸,sakuhin502
制作,2003/11
アトリエの作品番号,3224
本体サイズ,400*280mm
サイン,あり 額付き
[/table]

彩相Ⅱ 203

sakuhin203

彩相Ⅰ203

彩相Ⅰ203 部屋の写真
≪彩相Ⅱシリーズについて≫
彩相シリーズの基本は、和紙と油絵具が融合することです。
彩相Ⅱシリーズは、そこにたし算が加わったものです。
良くも悪くも。 良く言えば、音色が発生します。
悪く言えば、余計な味付け。しかし、味付けが絶対の折は、目に止まる作品になります。
[table]
彩相Ⅰ,sakuhin203
制作,
アトリエの作品番号,
本体サイズ,1820*1500mm
サイン,あり
[/table]

彩相Ⅱ 202

sakuhin202

彩相Ⅰ202

彩相Ⅰ202 部屋の写真
≪彩相Ⅱシリーズについて≫
彩相シリーズの基本は、和紙と油絵具が融合することです。
彩相Ⅱシリーズは、そこにたし算が加わったものです。
良くも悪くも。 良く言えば、音色が発生します。
悪く言えば、余計な味付け。しかし、味付けが絶対の折は、目に止まる作品になります。
[table]
彩相Ⅰ,sakuhin202
制作,
アトリエの作品番号,
本体サイズ,1300*1620mm
サイン,あり
[/table]

彩相Ⅱ 201

sakuhin201

彩相Ⅰ201

彩相Ⅰ201 部屋の写真
≪彩相Ⅱシリーズについて≫
彩相シリーズの基本は、和紙と油絵具が融合することです。
彩相Ⅱシリーズは、そこにたし算が加わったものです。
良くも悪くも。 良く言えば、音色が発生します。
悪く言えば、余計な味付け。しかし、味付けが絶対の折は、目に止まる作品になります。

[table]
彩相Ⅰ,sakuhin201
制作,
アトリエの作品番号,
本体サイズ,300*300mm
サイン,あり
[/table]

彩相Ⅲ 328

sakuhin328

彩相Ⅰ328

彩相Ⅰ328 部屋の写真
≪彩相Ⅲについて≫
軽い和紙と、思い鉄との組み合わせは、以外とフィットします。
やや、礼儀正しい作品、Ⅰシリーズの作品がかもし出すものとは異なって、“おもしろみ”がある作品になっていると思います。
小さい作品でも、相当重い作品ですが、この重量感も大切な作品です。

[table]
彩相Ⅰ,sakuhin328
制作,1995/9
アトリエの作品番号,1580
本体サイズ,2800mmφ
サイン,あり
[/table]

彩相Ⅲ 327

sakuhin327

彩相Ⅰ327

彩相Ⅰ327 部屋の写真
≪彩相Ⅲについて≫
軽い和紙と、思い鉄との組み合わせは、以外とフィットします。
やや、礼儀正しい作品、Ⅰシリーズの作品がかもし出すものとは異なって、“おもしろみ”がある作品になっていると思います。
小さい作品でも、相当重い作品ですが、この重量感も大切な作品です。
[table]
彩相Ⅰ,sakuhin327
制作,1996/5
アトリエの作品番号,1685
本体サイズ,2800mmφ
サイン,あり
[/table]

彩相Ⅲ 305

sakuhin305

彩相Ⅰ305

彩相Ⅰ305 部屋の写真
≪彩相Ⅲについて≫
軽い和紙と、思い鉄との組み合わせは、以外とフィットします。
やや、礼儀正しい作品、Ⅰシリーズの作品がかもし出すものとは異なって、“おもしろみ”がある作品になっていると思います。
小さい作品でも、相当重い作品ですが、この重量感も大切な作品です。
[table]
彩相Ⅰ,sakuhin305
制作,2004/6
アトリエの作品番号,3991
本体サイズ,510*120mm
サイン,あり
[/table]